THE END OF UFC@WOWOW

WOWOWでのUFC放送が中止となった。決定の報を聞いて以降、いろいろなところで情報を収集してみたが、どうやらこれはUFCサイドによる放映権料の吊り上げにWOWOWサイドがギブアップしたというのが真相の様である。プロレスファン的に分かりやすく言えば、例のWWEとフジテレビが決裂した時とほぼ同じ交渉経過と状況を辿ったであろうと推測される。

つまり別にUFCサイドには確たるネクストのメディア戦略(つまり言い換えれば日本の地上波テレビ局での放送が内定したから)という様な事があったから、WOWOWとの交渉を強気に出て決裂したわけでもなく、単純に売値に食いついてくれなかった、というだけの話だろうと思われる。

今回の交渉決裂の経過を見ていて意外だったと言うか、私の読みが浅かったなと思ったのは、UFCサイドは日本という市場を余り重要視していない、いやもう少し言えば日本の市場を研究していない、はっきり言えば甘く見ているんだな、という事が透けて見えてきた事である。どうもUFCサイドが我が国独特の地上波メディアが演じている役割の大きさを分かっていなさそうである。WWEの交渉経過と同じ道を辿りそうな予感が漂う。

今回表面上はともかく、事実上UFCの親会社であるズッファ社が経営不振に陥ったPRIDEを買い取った形になったが、これは日本市場をネクストビジネスとして重要視したと言うよりも、アメリカ国内興行を最重要視した結果、駒不足を解消する為の一環、もしくはライバル団体として芽が出る前に摘んでおくと言う経営的戦略が大きかったと見るべきではないかというのが私の読みだ。

現在の段階で様々な状況を考えるに、在京キー局の地上波メディアがUFCを放送する可能性はゼロに近い。余程のスポンサーが付くか、そのスポンサーが枠の買取でもして地方局等で深夜帯に放送するかしか有り得ないかなと思う。日本において興行を行う場合、テレビ局というメディアがバックアップに付く付かないは、その興行の成否の決定権を握っていると言い切っても差支えないだろう。

まだ話が突然決まったばかりで、各所の動きを掴んでいるわけではないが、今回の放映打ち切りにより、帝拳プロモーションが離れたとするならば、更に日本国内での興行開催は難しくなったという感じだろう。ズッファ社としては国内ではPPV放送にシフトさせたい意向の様だが、我が国のテレビネットワークの状況から鑑みて、自国での興行とは大きく異なり爆発的な収益確保は難しい。ミルコをアンテナショップ替わりにして日本や欧州向けにプロモーションを行ったが残念ながらミルコが敗れてしまい、その役目を果たさなくなりつつあるのも事実で、もしかしたらその辺の事情も重なり今回の交渉が決裂したのかもしれないとさえ私は邪知している次第である。まぁそれとこれとは関係ないだろうが。

とにもかくにも今回の騒動を見るに分かったのは、ライト級GPの動向を見ても感じるが、PRIDEという総合格闘技興行は完全に我が国の中から終焉の方向に向かっていき、UFCはアメリカ国内の興行を最優先させていくという意思を明確に打ち出していこうという、この2点ではないだろうか。こうしたUFCの、ある意味においてかなり強気の国内向け経営戦略はある意味では当たり前でもあると思うが、やや部分的にではあるが、WWEの経営判断と似たテイストを個人的には感じている。米国市場を制覇し押さえさえすれば、日本の市場も勝手についてくるはずだろう、というよく興行の世界で見受ける(格闘技に限らず)典型的なアングロサクソン思考の発露と言う面もある事を否定は出来ないかなとも思える。まぁ兎にも角にも今後のUFCの動向には注目をしていきたい。

PS 自分の書いているブログの内容が誰かにコピベされて他のブログに掲載されているのを発見(笑)まぁ私のエントリなんか別に大した内容で無いから構わないけど、先ほど一応メールにて忠告したらブログごと削除されていた。彼の意図は分からんが、まぁ暇な人がいるもんだなと変なところで感心する。

更にPS このブログをエントリ後、再びメールが来たのだが、実は知らない人ではないことが判明。まぁやっていた意図は分かったけどもね。無断でやったら驚くわねa0010263_2522554.gif
人気blogランキングへ
[PR]

  by mf0812 | 2007-04-25 15:34 | プロレス格闘技

<< 治安はほんとうに悪化しているのか 劣化しているのは誰なのか? >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE