3.4ノア武道館興行 雑感

昨日は武道館にノアの興行を観に行った。三沢負傷のアクシデントも相まってか、プロレス不況の真っ只中、ノンタイトルマッチばかりの5大シングルが軸の実験興行に打って出た(一応森嶋KENTA戦はROHのタイトル戦だった)高山以外のフリーも参加しない中、首都圏では無敵の観客動員を誇るノアでも観客は7割。さすがに厳しい観客動員であるが、興行内容は実にバラエティーに富んでいて非常に楽しめるいい興行となった。だからノアは侮れないのである。小川vsダグウイリアムスの正調クラシカルプロレスを堪能し、ヨネと秋山の喧嘩マッチで久し振りに見る秋山の鬼ぶりに痺れ、メインの森嶋とKENTAによる壮絶なぶつかり合い、どれも見ごたえ十分の試合ばかりだった。しかし森嶋のラリアットは凄かったなぁ。会場でアレだけの衝撃的なラリアット見たのは蔵前で見たハンセン以来だよ。あれを見ただけでも会場に行った価値がある、それ位凄いもんだった。

そしてこの日、個人的な満足とは違う意味で、一番感心したのは第2試合の何の変哲もない6人タッグマッチだ。この試合のクオリティーの高さにノアの底力、特に道場のレベルの高さを見て取る。試合のツルギーを分かっている6人、しかも手の内分かったもの同士による見事なアンサンブル。若手の青木のセンスのよさ、中堅の川畑の頑張り、未来のエース潮?アのキレ。それを支える多聞と雅央。こういうなんでもない試合にこそ、その団体の持つポテンシャルを見てとれる。ベルトの扱いにやや粗雑さを見せ、やや気になる点が無いわけではないが、このレベルの試合を見せ続けるノアはやはり今のプロレス業界ではナンバーワン団体と呼ぶに相応しい力を持っていると言い切って差支えないだろう。ただ繰り返すがベルトの扱いがぞんざいな状況であるには違いなく、プロレスといえどもベルトの存在意義が薄まれば、その団体は自壊しかねない事態を迎えることもある。ノアには十分気をつけて団体の運営には目配せをして欲しいものだ。
[PR]

  # by mf0812 | 2007-03-05 22:21 | プロレス格闘技

ゴング存続

【日本スポーツ出版社 正式コメント】
一連の報道について 読者様・関係者様へ

『弊社では2月27日に社内ミーティングを行いましたが、当然ながら退職を希望する者も出て参りました。今回の報道につきましては、その中の一連の誤解の中で報道されてしまったものであります。実際、多少の部数なり、コストなり下げて発行は致しますが、廃刊という事実はございません!

本来であれば新代表の内田幸文がマスコミ各社へ正式に対処すべきところではありますが、只今資金繰りに奔走し時間が取れない状況であります。誤った情報の流出により各種方面の関係者の方々や、ご愛顧いただいております読者の皆様方には、多大なるご迷惑をおかけしていることを先ずお詫びしますとともに、週刊ゴング廃刊の報道を強く否定させて頂きます。』

株式会社日本スポーツ出版社 役員一同


週刊ゴングの廃刊騒ぎはどうやら、あらぬ方向に話が転じてきた。どうも一部のフリーランスライターがあちこちにネタを撒き、それが同時多発的に着火、一気にウワサが広まったという感じだ。その着火点がミルホンネットという電子出版会社であるが、一部のウワサでは、ここの編集部が宣伝目的を兼ねた自作自演という話まで出てきていて、話は更に転じている。今回の騒ぎに噛んでいるフリーライターの名前を見ると「さもありなん」という方々が名を連ねているしねぇ。

まぁこういうウワサが流れ、しかもゴングが出した否定のコメントがこれまた悲惨な状況を証明しているような話で、正直に言えば遅かれ早かれゴング休刊は時間の問題かと思われるが、今回の廃刊騒ぎは、活字媒体の慢性的な不振の原因の根っこの部分が明るみに出たばかりでなく、こうした火事場泥棒的な輩が相変わらず跋扈しているという絶望的な状況が業界の問題でもある事を示した訳で、違う意味での活字媒体の末期的な状況を見て取る。
[PR]

  # by mf0812 | 2007-03-02 18:57 | プロレス格闘技

再掲 日々雑感 疑惑の特効薬

この間、三重で開かれた日本小児感染症学会なる学会で、NPO法人医薬ビジランスセンターの浜六郎医師がインフルエンザの特効薬として重宝されている「タミフル」による副作用を報告していた。投薬された患者が数時間後に、突然外に出て車に惹かれて死んだりいきなりマンションの9階から飛び降りたりとなんだかサスペンス映画のオープニングの様な奇怪な異常行動による死亡例が幾例も挙げられていた。

勿論こうした行動の全てがが薬の副作用とは言い切れないとしている専門家もいる。ある医師はこの様な意識障害から来る異常行動は、インフルエンザによる脳炎・脳症の症状でもあり、発表された事例もそれに含まれるのではないか、タミフルの副作用とまでは言いきれない、と述べているが、その一方で厚生労働省は「副作用との関連は全て否定はできない」としており、全く無関係だと言い切るのも同じく無理があるようである。

さてこの「タミフル」だが、現在新型インフルエンザに備えて各国がこぞって備蓄中の抗ウイルス薬である。今年大流行している新型インフルエンザに効くと言う触れ込みだが科学雑誌の「ネイチャー」には、このウイルスに感染した患者を診察した医師による症例報告が載っていてそれによると、タミフルを服用して4日目の少女からウイルスを採取した結果、ウイルスの6割に、タミフルに対する強い耐性が確認された。患者の女の子は新型インフルエンザを発症した兄の看病中に感染した可能性があるとみられるいるが、この話がホントなら「タミフル」の効用に関してかなりの疑問符が付く事になる。実際このウイルスの存在を確認した東大医科学研究所の河岡義裕教授は「新型インフルエンザの流行に備えるにはタミフルだけでなく別の抗ウイルス薬であるリレンザも備蓄した方がよい」と提言している。

さて因みにこのタミフルという薬は、スイスの医薬品大手ロシェ社が製造販売している。でこの薬の特許を所有しているのはカリフォルニア州に本拠を構えるバイオ企業のギリアド社だ。で、そのギリアド社の会長は、2001年の入閣時までラムズフェルド国防長官が務めていた。先週ブッシュが緊急会見開いてインフルエンザ警戒宣言を出してからというものギリアド社の株は急騰しているが、勿論未だ大株主であるラムズフェルド氏の財産も同じく急騰している筈だ、ホントに効くかどうか分からぬ薬のお陰で。

<上記日記は2005/11/15 (火) 分の日記に一部訂正を加えたものである>

問題はこの当時からから起きている。今突然始まった話ではない。
[PR]

  # by mf0812 | 2007-03-01 03:49 | ニュース・評論

週刊ゴング、廃刊か?

まぁ何れこの時が来るとは思っていたが、意外と早く来たなという印象である。ミルホンネットのブログによるとプロレス雑誌の老舗「ゴング」が廃刊になるそうだ。ここ数年、会社の経営不振説が取りざたされていたが、それよりもこの会社の場合、会社の経営トップがよからぬ人物になってから、現場と衝突が起きて、名物編集長が次々に退社し、遂にはゴングの顔とも呼べる竹内宏介氏(現在病床に臥しておられます)まで離れたと聞くにいたり、いよいよかなと思っていたが、前田社長逮捕から数日でこの事態に至った処を見るとある程度規定路線だったのかもしれない。

ゴングの出版元である日本スポーツ新聞社社長である前田大作という人物が前にいたアドテックス社の社長時代に関与したとされる証券取引法違反容疑に関しては各新マスコミなどで報じられたように典型的な経済ヤクザが絡んだ経済事犯であったが、日本スポーツ新聞社とそうした闇の世界に纏わる話は、度々聞かされていたが、こうして白日の元に事実が並べられると流石に厳しいねぇ…

ただ現在プロレス業界は、巷間で言われているほど不景気でもなく、確かに好況とまでは言わないけども、それ程悪く無い循環が出来ているのだが、とにかくナンと言っても業界の大黒柱である新日本プロレスが長期低迷を続けている状況には変わりはなく、そこに寄らば大樹の形で寄り添っていた既存の組織がズブズブになり、朽ち果てていく減少が続いている。今回のゴング廃刊はその嚆矢と呼ぶべき事象であろう。これは業界の地盤沈下というよりも中心軸の移動を指し示した現象とも言えるだろう。明らかに新日が中心軸に座り築いてきた業界内部の序列と秩序が崩れてきている事を感じさせる。

しかしそんな知らせを聞いた今日の夜、BSジャパンで国際プロレスを特集したスペシャル番組を放送していたが皮肉にもその番組内でゴングの名物コーナーでありながら惜しまれつつ昨年連載が終了した菊地、門馬、竹内の重鎮記者三氏による「三者三様」のメンバーで座談会をしていてその模様をダイジェストで放送していたが、ゴング廃刊の知らせを聞いた夜にそんなメンバーによる座談会を見るなんて…、なんと言う皮肉であろうか。春近づく2月の晦日、この業界にとって、一つの時代の終焉と区切りが来たのは間違いない。

しかし個人的にはモバイルゴングにいる村上けんさくという記者の動向が気になる。この記者は現在この業界でトップクラスの筆力を持つ人だけにこのまま消えてしまうのは惜しすぎる。週プロで拾ってくれないかなぁ、切ってもいい記者一杯いるんだから、ねぇ(笑)
[PR]

  # by mf0812 | 2007-02-28 20:30 | プロレス格闘技

アカデミー賞雑感

昨日アカデミー賞が行われた。硫黄島からの手紙は作品賞を逃したがそれでもこの作品の持つ輝きは色褪せない。前にも触れたがこの硫黄島2部作は両方をセットで見ないと作品の持つ意味合いが分からない。硫黄島からの手紙は全編日本語でしかも日本人の役者が演じているがこの映画はやっぱり日本映画ではなくアメリカ映画なのである。そこがこの2部作最大のポイントである。第2次世界大戦はアメリカのとって今のところ最後になる「揺ぎ無い正義に基づいて行われた戦争」であった。連合国側にこそ正義の全てがあり、枢軸国側がそれこそ今の言い方で言うなら「悪の枢軸」であり悪そのものであった。

しかしイーストウッドは、硫黄島2部作の1作目の「父親たちの星条旗」にてその正義に満ち溢れた連合国側にあった筈の正義、大義に対して疑問を呈する。そして2作目の手紙では、悪の権化であったはずの枢軸国サイドの兵士らをアメリカサイドと同じく迷い続ける生身の人間として描き、敢えて1作目では顔が映されずに匿名として描かれていた日本兵一人一人を署名入りで映し出した。

今、この映画を見るアメリカ人にとって映画内で描かれる枢軸国側の兵士の生身さに、イラクで現在進行形で進んでいる戦争がオーバーラップするのは言うまでも無いだろうし、イーストウッドの狙いもそこにある筈だろう。この2部作は、その心理描写のエグサから言えば、実は硫黄島からの手紙よりも無名の俳優らによって演じられ描かれた1作目の父親たちの星条旗の方に軍配が上がる。それ故に、余りにも生々しいが故に1作目よりも2作目にアメリカ国内の評価が集中したのではないかと私は思っている。1作目はそれを直視するには、覚醒したアメリカ人にも流石にタフだろう。

硫黄島からの手紙はアメリカからの視点であるが故に、日本の軍隊組織の描き方にやや甘さが見られる。それは軍隊組織の非道さを既に第1作目で触れているからであり、別に日本軍をキレイに描いているのは、日本兵や日本軍をヒロイックに描きたかったからではない。この2部作でイーストウッドが描きたかった事は、国家と個人の関わりに関してであり、戦争とは個人が国に縛られるものであり、国民がそれに動員される時には、国家の欺瞞が行われる、それは体制の違いに関係なく行われるのだ、という冷徹な視点だ。この2部作を通してみるとそうしたイーストウッドの狙いがより一層鮮明に伝わり、見る者の胸を打ってくる。2作目を見て感銘を受けた人で1作目を未見の方がおられれば、是非とも1作目こそ見て欲しいなと思う。
[PR]

  # by mf0812 | 2007-02-26 17:27 | 映画・ドラマ

日々雑感 霧に包まれた来日理由

何ゆえにこの時期にチェイニー副大統領は日本に来たのだろうか?別に日本に来たのは防衛大臣に嫌がらせをするためとかではないだろうが、私が思うにまず一つ目は今回の6カ国協議の落とし前かな。一応日本の頭越しに北朝鮮との国交樹立の流れまで決めてしまったことへの罪滅ぼしかなと。しかしこれはそれほど大きな理由ではあるまい。何せチェイニーという人間が、謝罪の為にわざわざ極東の僻地である、アメリカの属国である日本にまで来るなど有り得ない。真の理由は他にある筈だ。

で、私が思うその答えとは「来るべき時が来たら、応援頼むよ」という事かと思われる。来るべき時とは何か?ズバリ、イランとの戦争だろう。え、イラクでも失敗しているのにイランでするかよ?と思われるだろうが、ネオコンの真髄はこういう行動様式にあるのである。詳細の説明は省くが、彼らの行動原理を研究するとこうした答えにしかならないのだ。しかもどんな戦争でもそれを行うことは一時的にでも大統領の支持率を高める効能がある。イラク戦争は負け戦だが、イラン戦争はまだ分からない戦である(というような印象操作が今なら可能だ。実際は勝ち目ゼロだけども)ダッチロールに陥った政権の浮揚策にもなろう。しかしこの戦争をおっぱじめる理由はそれ以外にもある筈。それはこの段階でイランと戦争を始めておけば、共和党が政権から落ちた後も、予算的にはチェイニーら共和党政権の大物が顧問や社長を務めるアメリカ国内の軍事産業へ手当てされる事が保証されるから、という見方である。これが妄想と言い切れないのが怖いところで、こうした行動原理の繰り返しこそがアメリカに巣食う軍産複合体の真骨頂なのである。

まぁ状況から鑑みて、よもやイランと地上戦は行わないとは思うが、空爆程度のことならイラク戦争の片手間に間違いなく行えるし実際問題として既に空軍の配置はあらかた片付いている。日本はイランとは独自の外交ルートがあり、アメリカとは違うスタンスでの付き合いがある。イランやイラク等中東とは日本は珍しくアメリカ追随ではない独自ルートがあったのだが、アメリカのポチとされた小泉はホイホイとイラクとのラインを断ち切り、その小泉のポチである安倍なら、事も無げにイランとのルートも切りそうな塩梅である。

まぁ私の思い過ごしならいいけども、チェイニーの来日にはそうしたホワイトハウスの思惑を感じられて仕方が無い。何せ、今度イランと戦争始める時は、アメリカの味方になりそうな国が我が国くらいしか見当たらないのでより一層心配でならない。
[PR]

  # by mf0812 | 2007-02-24 17:25 | ニュース・評論

威光、衰えず?

猪木に嘆願書、3・18新日“復帰”も - バトルニュース : nikkansports.com

今度行われるゼロワンの靖国プロレスにも猪木が招聘されていると聞いているが、やはり猪木の名は世間的には未だに健在という事なんだろう。知名度と興行という観点からプロレスを考えれば女子プロレスが格好の研究材料になる。ジャガー横田と北斗晶を地上波テレビで見ぬ日は無いが、では、かと言って女子プロレスそのものを地上波テレビで見る機会はありますかと問われても、一般の人の答えは多分ゼロ、皆無だと思う。いや私の様なコアなプロレスファンですらCS放送で時折目にするのが精一杯で会場まで足を運んで見る機会すら殆どなくなってしまったのだから、何をか況やである。

しかしでは今の女子プロレスがレベルが下がり見るに耐えられないようなものなのかといえば、さにあらず。いやむしろ技術面から見れば昔に比して格段に上がっている。しかしそれが世間的には知れ渡らず、いやプロレスファンの間にも殆ど知られる事が無い現実。こうした状況を紐解く事でプロレスとテレビと興行の三つ巴の関係がある程度明らかになるのではないかと思っている。プロレスを語ること、興行語ること、それを突き詰めると、どうしてもテレビ論にならざるを得ない。ここを整理してからでないと、業界全体としても次への一歩を踏み出せないだろう。
[PR]

  # by mf0812 | 2007-02-22 18:08 | プロレス格闘技

日々雑感 NHKとBBC

番組ねつ造:関西テレビに行政指導を検討 菅総務相-今日の話題:MSN毎日インタラクティブ

面白いデータがある。ある新聞で調査したところ、今回の騒ぎでこの番組がなくなって困りますか?という問いを投げかけたところ、質問回答者の約85%の人が「別に大して困らない」と答えたそうな。つまりは元々そんなに大騒ぎする話ではないのである。まぁこの話から地上波テレビ局における慢性的な高コスト構造の問題を論じてみるという視点が無いわけでも無いが。

が、ここまでこの報道が過熱するのは、別の意味があるからだろうと思われる。殊更ネットや活字メディアでは未だに批判が続いているが、まぁそれは事の本質からは離れた部分での意味合いが大きいからで一種の妬みや僻み、そして今流行の世の中の悪い事は全てテレビのせいみたいな風潮に見事に乗っかった部分もあるかもしれない。ただ知っている限りにおいては雑誌のいい加減さだってテレビには負けず劣らずですがね。いや下手したらテレビ以上にひどいのも侭ありますが、とにかくこうした問題は、そもそもが総務省までシャシャリ出てきて解決すべき話でもなかろうにと思うのである。

テレビの問題と言えば、こんな民放のどうでもいい番組の話でなくこの間判決が出たNHKの番組改変問題の方が大きな話だ。過日高裁で出た判決文の概要を見ると、如何にNHKが政権与党に対して腰砕けであるかを指し示している。一般の報道では何故か政権からの圧力はなかったと報じている処もあるが、あの判決文のどこをどう読めばそうなるのか、私には全く分からないのである。この件に関してはビデオニュースドットコムで詳細が報じられているので、興味のある方はそちらを参考にされたい。

昨今NHKの受信料に関して菅とか言うやたらにテレビに文句ばっかり言ってくる大臣が、義務化せよとか、はたまた安くせよとか、いろいろと横槍を入れておられるが、どうやら一部の方々は、NHK受信料義務化、違反者罰金というシステムを導入したがっているようだ。この議論の際に持ち出されるのがイギリスのBBCである。確かにBBCでは受信料は義務化され違反すると懲役刑が科せられる。

しかし面白い事にイギリス人はBBCを国営放送だとは考えていない。つまりどういう事かといえば、国民が金を払っているのだから、BBCは『国』のものでなく『国民』のものだと考えている。フォークランド紛争の時にイギリス政府を厳しく追及し保守系の新聞などに、BBCはアルゼンチンの犬だなどと罵られても、毅然とした報道を続け、国民の信を得たわけである。今回のイラク報道でもBBCは迷いながらも独自のスタンスで政府に厳しい批判を加えながら報道を続けている。

そこでNHKだ。しかし今回の裁判で明らかになった様に番組作る際に意見言われてびびってしまい、編集に編集重ねてそれに怒った制作会社には逃げられ、そうした方針に反対した現場のプロデューサーらを払いのけて、挙げ句に編集し過ぎて放送時間が余っちゃったみたいな無様なことになっているテレビ局が果たして国民のモノと言えるのかどうか、そこが問われているのである。今の状況だけ見ればBBCとNHKを比べる事はBBCにとって侮辱的行為にもなりかねない位NHKのトップの意識は低下、劣化を辿っているとしか思えない。個人的に存じ上げている事もあるが、NHKの現場サイドには、他のメディアに比しても優秀で有能な人が多いだけに、そのトップ連中のだらしなさが目立つ、残念な話である。
[PR]

  # by mf0812 | 2007-02-20 17:48 | ニュース・評論

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE