<   2007年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

 

平成版「復讐するは我にあり」を見る

復讐するは我にあり
/ 松竹
ISBN : B000BKJFC8
スコア選択:

木曜日にテレビ東京で放送した「復讐するは我にあり」は、今年みたテレビドラマの中でベストと言い切っていい、素晴らしい作品だった。役者、演出どれも素晴らしかったが、何よりも一番素晴らしかったのはその脚本だ。過去に映像化された作品を踏まえた上での物語構成の巧みさに惚れ惚れさせてもらう。勿論そうした素晴らしき本を元にした役者陣の演技の冴え、特に主演の柳葉敏郎と大地康雄の2人の演技は比類なき見事さであったのは言うまでも無い。特に物語の終盤、夜の一室にて二人が対峙する長回しは、近年のテレビドラマ史に残る痺れるようなシーンであった。

その長回しでも台詞回しの見事さが際立っていたが、ベテラン脚本家西岡琢也、こうした対決シーンに見せる切れの鋭さ、さすがの本領発揮である。西岡琢也といえば、最近はテレビドラマ、しかも2時間ドラマにその活躍の場を求めているが、かつては人魚伝説、刺青ありなどと言ったATG作品などインディーズ系の映画のフィールドで異彩を放っていたが、最近はオーソドックスな物語でも上手く纏め上げているが、今回の本に関しては、昔の作品でよく見せていた鋭利な熱情を忍ばせていた。西岡にとっても会心の作品であったのではないかと推測する。

今回、西岡は今村の映画では深く描かれる事のなかった、逮捕される前の数日にスポットを当て、映画や過去のドラマ化の際とは全く違う視点でこの物語を再構築して見せた。しかし西岡にとって今回の作品の脚色化が難しかっただろうと思うのは何と言っても過去に何度かドラマ化や映画化されたその作品が余りに素晴らしかったからであり、中でも今村昌平監督、緒方拳主演のヴァージョンの凄さがあったからだ。今村監督ヴァージョンの「復讐するは我にあり」は、日本映画史に残る世紀の問題作であり、今もその作品の出来に関しては語り草になっている今村監督の代表作だ。

私は何を血迷ったのか、ガキの頃にこの映画をテレビで見てしまったのだがその時の衝撃は今も忘れる事が出来ないものだ。有名なタンスの中に絞殺した老弁護士を押し込み、その前で茶漬けを掻き込む緒方拳の姿は、子供にはあまりに刺激的であった。そんな過去の名作に真っ向勝負で挑み、異なる視点から迫ったテレ東、やるな、という感じである。昨年日テレの世界仰天ニュース内で放送されたドラマ「光クラブ事件」もそうであったが、テレビドラマの実録モノは時折こうした突き抜けた作品を生み出すことがあるので侮れない。とにかく良い物見させてもらったと感謝である。
[PR]

  by mf0812 | 2007-03-31 03:54 | 映画・ドラマ

Jpn騒動

JRAの念願だった国際パート1国入りとの引き換えなのかどうなのか詳細は知らぬが、国際セリ名簿委員会なる部署から国際G1以外のG1は、今後Jpn1と呼ぶようにとの要求があり、それにJRAが応じたために緊急対応に追われて各所で大変な事になっているらしい。

とは言え当方の様な場末で馬券を買う身としては別にどう呼ぼうと、どう表記されようと余り興味は無い。それにだ、どうせ競馬の世界の中の「世界標準」なんていうものは、そんな大きな意味があるものとも思えない。そもそも競馬の世界は、基本的に各国で馬具や薬などの基準が違うし、もっと言えばトラックそのものですら各国で全く違う状況である。

それに別段国際的な統一ルールをつくろう、何ていう動きも表立って出てもいないし、それをする必要性を競馬に参加している世界の人々の大多数が感じてもいない現状もある。まぁそもそも論で言えば、各国の基準の違いを前提として運営されているのが当たり前の世界なんだから、互いのローカルルールを尊重していくのが筋だ。故に別に日本が欧州やアメリカの基準に合わせる必要性は無いだろう。

確かに何故か昔から我が国の競馬の世界では欧州への憧れがあるけども、そういう個人的な郷愁は、人様々な感情の発露であり別にケチを付ける気も無いけど、我が国の競馬の基準やシステムは、勿論改善すべきところはしなければならないが、それは海外との比較で論じられるものでなく、国内の都合を最優先して語られるべきものだろう。ただ、だからと言って海外の競馬の世界にあるもの全てを排除するのも偏狭な物の考えで、我が国のシステムに導入してもいいと思える部分は、積極的に導入をしていけばいい、つまりは物事、時と場合を考えて是々非々で望めばいい、という単にそれだけの話だろう。ここから先は一般論だが、この問題に限らぬが昨今部分肯定と部分否定の出来ない全肯定か全否定かと言う二択の物事を収斂させていく傾向にはやや違和感を感じざるを得ない。物事そんな簡単に分けて考えられることなんて有り得ないんだからね。物事深く考えないで大向を狙って、素朴な言葉でズバリ言うヤツには気をつけろ!という事かな。
[PR]

  by mf0812 | 2007-03-30 03:53 | 競馬

全日本プロレス CC開幕戦 TV観戦

全日本プロレス春の風物詩、チャンピオンカーニバルの開幕戦がCSのガオラにてニアライブで放送された。今年のチャンピオンカーニバルは後楽園5連戦、しかも全て平日での興行と言う事でかなり緊縮性を帯びた日程を切っている。この日の客入りもかなり厳しく、名物企画のチャンピオンカーニバルとしては、寂しい感じがしないでもない。

試合内容であるが、TAJIRIや川田の参戦などもありそれなりのフックが用意はされているものの、正直内容的には健介ファミリーVSブードゥーマーダズの6人タッグマッチが一番面白かったという、なんとも…な結末に。何せこの6人タッグマッチに全日プロパーの選手ゼロだからなぁ…。明日以降の4日間が非常に気になる開幕戦であった。

ここから先は個人的な好みの問題だが、TAJIRIも川田もハッスルからの転戦組の試合に粗さと言うか軽さが目立ったのが気になった。今日、六本木で事実上のUFCによるDSEの吸収合併発表の会見があるが、ハッスルはDSEから離れ元Kamipro編集長である山口氏の直轄になったそうだ。ただ山口氏をはじめ現在のハッスルの運営に絡んでいる人の中には、散々現状のプロレスを嘆いていた物が多いと聞くが、それなのに昨今のハッスルでのストーリーラインが昔の新日の焼き直し、しかも出来の悪いリメイクと言う笑うに笑えない展開になっているのが何とも悲しい。

川田もTAJIRIもそして小川も、ハッスルと絡んだ事で社会的な露出は増えたかもしれないのに何故かプロレスラーとしての商品価値がドンドン下がっていくと言う現実が面白い。そう考えると鈴木ケンゾーのハッスルとの絡み方は絶妙であり、見事な引き際であった。あの嫁さん、恐るべしである。
[PR]

  by mf0812 | 2007-03-29 03:58 | プロレス格闘技

the end of pride

総合格闘技イベントのPRIDEを主催するDSEの榊原社長が今日、公開記者会見を開き4月8日に行われるPRIDE34を最後に社長の座を辞任し、米国最大の総合格闘技興行団体であるUFCを主催するズッファ社のオーナーであるロレンゾ・フェティータ氏が新設立するPRIDE FC WORLDWIDEに営業権を移すことを発表した。記者会見ではPRIDEのブランドはこれまでどおり残りこれによりPRIDEとUFCが互いに協力し今後はPRIDEとUFCの日米団体による対抗戦が実現するという。

さて、このニュースを簡単に言えばDSEがバンザイした、というだけの話である。地上波がなくなり経営が圧迫、活路をアメリカに求めたが上手く行かず。まぁアメリカ進出は、4月の番組改編期にテレ朝、フジテレビ、もしくは地方ローカル局でもいいからどこかの地上波テレビ局と契約を結ぶための時間稼ぎの側面もあったと思うが、事態は急変せず。今回の事態は事実上ズッファ社によるDSEの吸収合併である。DSE前社長森下氏時代には単なる経理マンであった榊原氏が社長を務めてから様々な問題を起こしながら地上波マネーの絶大なマネーを背景に選手の引き抜き、そして経営規模の拡大を図ってきたが、それもこれも週刊現代に載った一つの記事により、全てが御破算になったワケだ。

今回の吸収合併により、間違いなく日本国内で行われるPRIDEの名称で行われる興行はその規模は縮小の傾向にならざるを得ないだろう。何せUFCの収益の大半はアメリカ国内のPPV放送が主である以上、日本国内でべらぼうなコストを掛けて興行を打つことなど出来様はずもない。万が一フェティータの会社に地上波が付くにしてもそれはPRIDEでなくUFCの日本興行に付く可能性が濃厚であり、プライド単独に地上波が付く可能性は極めて薄いだろう。

明日の未明にはFEGの谷川氏が海外にある総合格闘技団体やケーブルテレビ局を巻き込んだ、対UFCへの大々的な記者発表をすると言うウワサも上がっているが、格闘技バブルがはじけた今、地球サイズの規模で各総合格闘技興行団体が互いの生き残りを賭けての必死の企業間戦争を繰り広げることになる。スポーツとテレビと興行、この関係にまつわるメガバイトなマネーの動き。世界水泳、世界陸上、世界フィギュアスケート。広告代理店に芸能プロダクション、そして…。魑魅魍魎の世界がスポーツを、興行を、蝕んでいく。
[PR]

  by mf0812 | 2007-03-28 03:52 | プロレス格闘技

ドラゴンゲート 津大会 PPV観戦

ドラゴンゲート今年初のビックマッチは、ノアから秋山、新日本からライガーを迎え盛況のウチに終わった。最近ガオラなどでドラゲーの試合を見ていると選手のコンディショニングの悪さを感じやや不安を見て取っていたのだが、この日の興行は最初から最後まで芯のある筋の通った弛緩ない見事な興行だったと思う。プロレスファンならずとも楽しめる多彩なエンターテイメントに溢れる構成で、これぞ正にパッケージプロレスと言うものを堪能させて貰った。

昨年末から続くドラゴンゲートの他団体との全方位外交路線がコアなファンに受け入れられているのかどうかは外部の私には分からぬが、この日のメインで行われたライガー対フジイの序盤に繰り広げられたグランドレスリングの攻防などを見るに、交流のメリットがリング上に還元されている様にも感じられる。

こういうビックマッチでしっかりとしたプロレスを見せられるドラゴンゲートは、今や立派なプロレスメジャー団体と言って問題ないだろう。確かに経営陣のトップであるマグナム東京と岡村社長らのきな臭いウワサ話も聞くがそれはそれとして、興行会社としてはある部分においてノアを完全に凌駕している所もある訳で、今やドラゴンゲートはプロレス業界の真ん中に立ち始めつつある。そうした事を確認出来た意味あいもこの日の興行にはあった気がする。兎にも角にもプロレスファンとしては、今後のドラゴンゲートの動向には変わらぬ注意が必要であろう。
[PR]

  by mf0812 | 2007-03-27 03:57 | プロレス格闘技

日々雑感 ~タミフルその後~

タミフルの件はこの日記で数回触れているが、例のラムズフェルドとの怪しげな関係を大手マスコミもようやく書き始めてきた。私としてはまだまだツッコミが足りないと思うのだが、何よりも怪しいのはこの間のチェイニー来日である。来日時の交渉で何が話し合われたのか良く分からぬが、その後新聞等で情報をいろいろと精査してみると、あのドサクサ紛れに何故だか知らぬが、日本はアメリカからタミフルを300万トンも常備する旨を約束しているんだが、この事実を皆さん御存知であろうか。

アメリカの売薬を積極的に買って欲しいというのは例のアメリカ政府による年次改革要望書という名の日本への要求書にキッチリと書かれている。私は十数日前にこの日記で「どうしてチェイニーはあの時期に日本に来たのか良く分からない」と書いたが、もしかしたらこのタミフルの大量売りつけが目的だったんじゃないのか?と疑いたくもなる。私の妄想かもしれないが、参院で予算案通るまで厚生省が副作用話を逃げていたような気がしてならないのだが…。実はあの副作用のデータもいい加減でよく話を聞くと、データの集積期間にカラクリがあったらしく、最近になりデータの詳細をようやく見ることが出来た専門家がその辺の事情を厳しく糾弾している。どうも故意なのか過失なのかは分からぬが、発症事例が過少に報告されていたらしく、今後この辺に関しては学会などで問題になりそうな雲行きだと言う(先週末放送されたあるラジオ番組のポッドキャスト放送で専門の医師が厳しく断罪していた)

さてありとあらゆるデータ集積にとって一番大事な要素は「スパン=期間」であるのは言うまでも無い。医学的データもそして競馬のデータもことこの件に関しては同じだ。上にあげたタミフルの副作用にしても、厚生省発表の1週間と言うスパンで見ると確かに大きな差異は無いのかもしれないが、実は投薬後6時間後というスパンでこのタミフルの副作用症例を見ると、なんと通常の投薬時の5倍以上の症例が発生している、という事実があるのだがそうした事を何故か見て見ぬ振りをしているので、是非ともメディアには指摘してもらいたい処である。人の命に関わる事と同列に論じる気は無いけども、データという側面のみで言うなら競馬も同様で、集計スパンをどうするかでデータが全く変わってきてしまう。私も良くこの辺のさし加減を間違えて痛い目に合うのだが、最近そういうさじ加減ミスが個人的に立て続いているので、以後気をつけたいなと思っている。
[PR]

  by mf0812 | 2007-03-27 03:51 | ニュース・評論

追悼 城山三郎氏

生命の歌 城山三郎 昭和の戦争文学 第二巻
城山 三郎 / / 角川書店
スコア選択: ★★★★★

作家・城山三郎氏が亡くなった。城山氏と言えば「落日燃ゆ」「官僚たちの夏」「もう君には頼まない」「男子の本懐」など気骨溢れる政財界人を丹念に描いた力作や、社会的に封印された事件の掘り起こしたり、または市井の人々を優しい視点で描いたりと、本当に視線、視点が常に平たい素晴らしい作家であった。言うまでもなく私も大好きな作家さんであり、高校時代から今に至るまで城山作品は私の愛読書であり続けた。

その中でも一昨年にハードカバーで出た城山三郎戦争文学集は白眉の出来であったと思う。私は、一昨年末に文庫本化の際に全てをまとめて買ったのだが、余りの面白さに買ったその日に徹夜して一気に読破してしまった。戦争を知らぬ若輩の私にも胸に迫り来る内容であったが、特に第1巻である「硫黄島に死す」は、涙なくしては読み切る事の出来ない素晴らしい短編が収録されている。中でもイーストウッドの硫黄島2部作では描かれなかったある名も無き日本の少年兵を描いた「草原の敵」が読み手サイドに問うてくるその切迫感は心を捉えて離さない。

生前の城山氏は、個人情報保護法案を通過させようとした小泉純一郎前首相に対して烈火の如く怒り「もしこの法案が通るなら『言論の死』という碑を建てて、そこに小泉純一郎首相と全賛成議員の名を刻む」と抗議したのは有名な話である。城山氏と言えばその風貌から想像できないような直情溢れる気骨の人であり理不尽な事への怒りを忘れぬ『志』の人であった。衛星放送のニュース番組で小泉首相の靖国参拝に抗議、直言していた姿が氏の生前を見た最後になった。そんな城山氏が亡くなり、今日になり国会では殆ど騒がれずに「密告義務法」という個人の自由を著しく侵害する様なトンでもない悪法が民主党の賛成も得て衆議院をアッサリと通過してしまった。

この法律の建前は、テロ対策の一環としてマネーロンダリング防止の観点から、その容疑であればなんと警察が裁判所からの令状なしで立ち入り調査が出来るだけでなく、司法書士や保険会社にクレジット会社、貴金属業者など指定された業種の人は、犯罪の疑いのある取り引きをしていると思ったら関係省庁に通報しなければならない『義務』を負う法律であり、しかも通報した事業者はその事を顧客には黙っておくという法律なのである。つまり我々はいつ何時誰かに密告される危険を孕みながら生活するハメになる。何とも嫌な世の中であるが、個人情報保護法に身体を張って反対した城山氏がこの法律が殆ど無抵抗で通過していく様を見たらば、心の底から悲しみ、そして怒りに震えるであろう。
[PR]

  by mf0812 | 2007-03-24 03:50 | 書籍

高松宮記念 展望

昨年の高松宮記念以降、中央競馬の芝1200mから1400mで行われた重賞競走の内、5月以前の3歳馬限定戦を除いたレースにて複数回数勝った馬、もしくは連対した馬は何頭いただろうか?…と、去年と全く同じ書き出して今年の高松宮記念の展望を始めたい。ちなみに昨年の答えはゼロ頭だったが今年は3頭いる。まずシーイズトウショウ。CBC賞1着、函館スプリントステークス2着、キーンランドカップ2着、セントウルステークス1着と4連対している。ついでプリサイスマシーン。こちらはスワンステークスで1着、阪神カップで2着、そして阪急杯で1着の計3連対。ただしプリサイスマシーンは全て1400Mでのレースでの成績だ。そして更にもう1頭いる。それがテイクオーバーターゲットだ。セントウルステークス2着、スプリンターズステークスで1着の2回。つまり現在の芝短距離路線はシーイズトウショウとプリサイスマシーンを中心にまわっていると考えて差支えないと思う。昨年の同時期はそうした中心馬が不在で、その結果1着、2着には初めて1200Mを使ったオレハマッテルゼとラインクラフトが占め、3着にシーイズトウショウ、そして4着にプリサイスマシーンが来た。

これでお分かりのよう高松宮記念3,4着馬がその後の芝短距離路線で上位を占めたのだが、スプリンターズステークス(G1)では、外国馬に頭を取られ、久し振りに芝1200Mに転戦してきたメイショウボーラーに2着を取られてしまった訳である。つまり今回の高松宮記念でもそういう別路線組からの転戦馬の大駆けに期待を寄せるのはそれほど悪い筋では無いという事だ。血統的な側面から見ても狙い目十分(ロベルト系の血と高松宮記念は相性が良い)と見ているマイネルスケルツィであるが、今回が初めての芝1200M。本来ならそれが不安材料になるのだが、ここ数年の高松宮記念ではそれが強みになる筈と私は見ている。同じ事はスズカフェニックスにも言える訳で芝1200M得意の馬よりは未経験馬、もしくは久しく走った経験の無い馬等に重きを置く方がこのG1に限って言えば筋の様な感じがしている。とは言え流石に芝そのものが初めてになるスリーアベニューまでとなると無理筋であろうが。

またこのように各馬横一線の時は枠順や騎手などの要素が大きく作用することもある。その辺も絡めながら当日まで予想を絞り込みたいなと思っているが基本的に私はマイネルスケルツィとスズカフェニックスの強力2頭軸で勝負したいと思っている。
[PR]

  by mf0812 | 2007-03-22 03:47 | 競馬

華麗なる一族

華麗なる一族
佐分利信 / / 東宝
ISBN : B0002TT0RI
スコア選択: ※※※※※

テレビドラマ「華麗なる一族」がこの度放送を終えた。原作は山崎豊子、この話は、改めて言うまでもなく山陽特殊製鋼倒産事件事件をモチーフにしたものだ。主人公の万表鉄平は山陽特殊製鋼の再建に尽力した上杉年一氏がモデルともされている。この「華麗なる一族」は1974年に映画化されている、監督は名匠山本薩夫、主演仲代達矢というゴールデンコンビにより作られた。「映画斜陽の時代」と揶揄された1970年代、実はこの時代には映画評論家には見落とされがちであるが、素晴らしき日本映画が数多く作られている。この「華麗なる一族」もそして「砂の器」も「新幹線大爆破」といった世界に誇れる素晴らしき日本映画は、ほぼ同時代に作られている点を忘れないでいたいものだ。

山崎豊子、山本薩夫、仲代達矢の「華麗なる一族」のトリオで2年後に「不毛地帯」と言う名作も製作されているが、こちらの作品には名優丹波哲郎も出ていて、より一層作品に厚みを増させている。さて確かに仲代も山崎豊子映画の常連であるけども、やはり山崎豊子原作といえばまず真っ先に名前が挙がる俳優と言えば田宮二郎だろう。白い巨塔の財前教授役と言えば田宮二郎の当たり役であるが、とにかく田宮は、山崎豊子の作品群に惚れ抜いていて、白い巨塔のテレビドラマ化の際には何年にも渡り準備をし、山崎豊子を自ら口説き落として製作に漕ぎ付けたほどだった。

実はこの仲代主演の「華麗なる一族」には田宮二郎も出ているが、田宮は仲代が演じた(今回のテレビドラマ版では木村拓哉が演じた)万俵鉄平役を演じる事を熱望し、山本監督や東宝の名物Pである市川喜一に頼み込んだと言う逸話が残されている。残念ながら田宮の願いは叶わなかったが数年後、田宮二郎が躁鬱病の末に自殺を遂げた時のその様が正にこの「華麗なる一族」における万俵鉄平の死とオーバーラップしていたという。田宮は大映の天皇と呼ばれた永田雅一の逆鱗に触れ映画界から追放を受け暫く映画界から離れたが、大映倒産後に再び映画界に戻ってきてから、自死を遂げるまで立て続けに名作、傑作、快作に出続けた。生島治郎原作の「追いつめる」や、名匠増村と組んだ「動脈列島」、そして加山雄三と共演したハードボイルドの隠れた傑作「ジャガーは走った」など、その主演作品群は今もなを色褪せないでいる。惜しい人を亡くしたなと改めて思う事しきりだ。客数少ない店内でキムタクの自死のシーンをモニターで見ながら「田宮二郎が鉄平を演じていたらどうなっていたのかな?」とふと思った、そんな日曜の静かな夜であった。
[PR]

  by mf0812 | 2007-03-20 03:46 | 映画・ドラマ

ゴング休刊

薄々と話は聞いていたが、やっぱりゴング本体も休刊と相成った様である。
プロレス不況の中での事態と言うよりも新日本プロレスを中心にした業界の利益分配構造のバランスが新日本プロレスの内部分裂による細分化で崩壊したと言う事だろう。

先週の土日の首都圏では、数多くのプロレス興行が行われ各会場で多数の観客を集めた。月曜日は朝からジャガー横田の復帰戦の模様が各ワイドショーで放送していた。ジャンルとして脳死状態の一歩手前とされている女子プロレスの模様が地上波各テレビ局で堂々と放送されるこのパラレルな状況。

ゴング休刊の報を聞き、やはり再び考えるのは、テレビと興行の関係だ。どうしても興行を考え煮詰めていくと、最終的にテレビ論に行き着く。これはやっぱり永遠のテーマになりそうだ。
[PR]

  by mf0812 | 2007-03-13 22:24 | プロレス格闘技

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE