<   2007年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧

 

「それでもボクはやってない」

今もあるかどうかは分からぬが、大井競馬場の最寄駅である立会川駅の傍にあった日本蕎麦屋には、得体の知れない話を持ち込んでくる人が多数たむろしていて、よく蕎麦食う振りしてはそうした話しに聞き耳を立てていたものだ。紳士然とした詐欺師とか顔面髭だらけ輪郭すら分からぬ年齢不詳のコーチ屋とか、当時はまだ地方競馬の世界にはそうした魑魅魍魎の輩が集っていたものである。若い頃から中央競馬の清潔感よりもこういう胡散臭さに惹かれていたモノとしては余り目くじら立てて公正競馬の確保を!とかいう話には興味が湧いて来ない。ただ馬券に絡んでくれば話は別ですが。

しかし何をどうあがいても、どうせ人は神様ではないんだから全ての面において正直には生きていけぬものである。確かに譲れない事に際し一線を画すのは大事であるが、程々の寛容さを持ち合わせないとただギスギスした関係だけが残されていくだけである。とは言え昨年のディープインパクト騒動を見ていてもそうだが、最近の御時世はやたらと青臭いた潔癖症的正義論が世の中に幅を利かせていて私の様な自堕落な人間には少々住み辛くなっているのは間違いない。

今日の昼、近所のシネコンで「それでもボクはやってない」という周防監督の最新作を見てきたが、これが非常に良く出来た見事な映画であった。話の内容は冤罪の痴漢事件の顛末であるが、この映画の真のテーマは日本の裁判制度批判である。厳罰主義が治安の正常化には結びつかないのは社会学の上で実証済みの話であるが、感情論としてそれが受け入れられないのはある程度はやむを得まいかなとも思う。しかしだ、この映画を見るとやっぱり裁きの場に感情を持ち込む怖さを思い知るのと同時に、日本の裁判制度の異常さを感じざるを得ない。そもそも刑事事件の有罪率が99%ってどんな独裁国家だよつー話である。

日本が他の国と犯罪者の引き渡し法令が結べていない現状の理由に我が国の裁判制度や警察制度への不信があるからというのを日本国民のどれくらいの人が認識しているのか。外国人がこの映画を見たらそりゃあ「日本では裁判受けたくない」と思っても仕方ないだろう。日本人だって思うもの。当然そうなれば死刑がある上にこういう状況では何をか況やだろう。この間轢き逃げして国外に逃亡したブラジル人青年の事件の話をするのなら、我が国の司法制度の根幹の問題に触れなければ意味が無い筈なんだが、みのもんたはそんなこと構わずに朝もはよから物事の表面だけをなぞっては、カメラ目線で啖呵を切っている、それが我が国の報道機関の限界なんだろう。
[PR]

  by mf0812 | 2007-01-30 23:18 | 映画・ドラマ

週末の競馬を考えて

博打は出来る限りシンプルに考え、行動に移すのが一番だと身を持って知らされる。ここのところ地方での成績がいいというよりも、ある一つの予想方法にずっと助けられているからに過ぎない。しかもそれも単なる偶然かもしれないのだが、まぁ偶然だろうがなんだろうが、当たり馬券に近づくのならそれにすがるしかあるまい。と、いう事で土曜日の京都7Rのフレンチウォリアー、11Rのビービーバーニング、それから日曜日の東京9Rのカマーバンド。この3頭の複勝馬券は買っておくことにしよう。

結局いろいろと御託を並べても当たり馬券に近づかないのは最近の私の予想を見ていれば一目瞭然であるが、それでもグダグダ細かい事を調べては書いてしまう。私も暇だなぁ。言っているそばからJRAの馬場情報を見てはあーでもないこーでもないと考えているが個人的には野芝の長さにやや引っ掛かる。例年よりもオーバーシードがキツメに施されている様な気がしないでもない。今年の京都の芝コースが例年よりも芝の草丈が長く、連対種牡馬傾向にやや変化が見られた事もあるので、今東京開催もその辺の傾向は十分見極めたい。昨年の1回東京開催では芝のコースがやや荒れ気味で特に三連単馬券で2,3着にトンでもないのが来ては10万馬券が連発していた記憶があるので、今年もその「トンでもない」のがどれになるのか、それを妄想、いやきちっと予想したいなと思っている次第だ。基本的にこの時期の東京芝は16ではノーザンテーストやリファールと言った和の血を持つ馬が、18辺りではニジンスキーやグレイソブリンと言った欧州の血を持つ馬に、そして20では更に欧州色の濃い種牡馬の天下になるのだが、果たして今年はどうなるのか。東京新聞杯がキッチリマイルを争うレースになるならホッコーソレソレー辺りが穴馬に面白そうだし、もう少しタフなレースになればトールハンマー辺りが浮上しそうだ。

一方京都と小倉はダートが面白そうだ。特にこの時期の小倉はダートのレースが少ないので逆に馬券的に絞り込んで狙い打てる感じもある。また小倉コースは独特なコースレイアウトでもあるのでコース適性がハッキリと出やすい事もあり、その辺に馬券的な狙いがありそうだ。京都は先週かなり極端な結果になったのだが、それが今週も引き続くのか、それともあくまでも先週だけのイレギュラーな事だったのか。土曜の朝からその辺はちゃんと見ておきたい。でないと、痛い目に合うのは自分だからなぁ。先週もその辺を手抜くからメインでヒドイ目に…、いや、もう先週のことは言うまい。
[PR]

  by mf0812 | 2007-01-27 01:59 | 競馬

横一線のニュースから見えてくるもの

夕方に放送している民放の各報道番組は『給食費未納、約10万人で22億円=「払わぬ親」増加-文科省が初の調査』というニュースをトップで伝えていた。確かに一見すると何だかヒドイ話だなぁと思うのだが、こういうタイプの報道には、一端立ち止まって考える癖を身に付けたい。というのもこの手の横並びで一斉に報道されるニュースには必ず裏があるからだ。

今回のような形で役所が公表する情報は所謂官製情報と呼ばれるものだ。マスコミが取材したものではなく役所側から情報が与えられたモノ。で、こういう情報は資料を渡す際にお役人さんらが記者に懇切丁寧なレクチャーをするのが常だ。今回で言うなら文部科学省のお役人が資料を渡す際にブリーフィンングをする。だからどのテレビ局の番組でも、同じ切り口で同じ伝え方をしているのだ。冷静に考えてみれば分かるが、渡される資料はかなりの数量であるにも拘らずどのテレビ局や新聞各社も全く同じ切り口でしか報道されないという方のがおかしいのである。つまりこれは、お役人さんが伝えて欲しい形に、伝えるほうが加工しやすいように、意図的、恣意的に情報をマスコミサイドに渡すからこうなるのだ。

このニュースの詳細を知りたくて各サイトを巡回してみると『給食費未納の人数では児童生徒全体数の1%に当たる約10万人と言う実態が明らかになった』とある。つまり児童数全体の1%の話であり、しかもこの中で生活苦で払えないという人とそうでなくただ単に払わないという人の割合は分からぬままである。ここがハッキリしなければ、このニュースの価値が分からない。

これは以前から国税や年金の報道などでも良く見られた方法で官サイドがいかにもという資料を公表して民サイドを数字で脅し結果的に税金を吸い上げるというパターンである。今回の発表もどこまで信じていいのかどうか、受け取り側は一時期の感情に流されずに、留保しながらニュースを咀嚼しないと、大きな過ちを犯してしまいかねない。

もしかしたら今回もデータ的には格差社会が明らかになっているのを上手く誤魔化すための所作だとも言えるかもしれない。因みに都道府県別で見ると不況が叫ばれている北海道と沖縄が多いのも事実だからだ。(ニュースヴァリュー的にはこちらの都道府県別データの方が大きいと思えるが)やや疑い深いと思われそうだがそれ位疑って掛からないと政府、そしてそれ以上に今のマスメディアに騙され続けてしまう危険性を否定できない、今はそんな世知辛い世の中なのである。
[PR]

  by mf0812 | 2007-01-25 21:58 | ニュース・評論

NFL AFC ファイナル コルツVSペイトリオッツ

好勝負が名勝負となるには物語が必要とされる。アメリカンフットボールのAFCカンファレンスファイナル、インディアナ・コルツvsニューイングランド・ペイトリオッツが、アメリカンフットボールの歴史に残る名勝負になったのは、数え切れない物語がフィールドの内外に溢れていたからだ。

現役最高の記録を数多く持つペイトン・マニング率いるコルツは、ここ数年リーグ戦は無敵の強さを誇り勇躍プレイオフに進むも、いつもいつも現役最多数のスーパーボウル覇者経験者であるトム・ブレイディー率いるペイトリオッツに悉く跳ね返されてきた。フットボールの世界では名門中の名門であるマニング家の一員であり、数々の記録を更新し続けてきたイーライ、そして雑草とまでは言わないが決して光の当たる舞台を歩き続けたタイプではないブレイディという対照的なその二人のクオーターバック、そしてアフリカ系黒人として苦学しながらアメリカの国技であるアメリカンフットボールの世界でそのトップの地位を己の手で掴んだ名将、しかしどうしても後一歩でスーパーボウルに進めずに常にメディアから批判をも同時に受け続けてきた苦労人であるコルツのダンジーHCと、冷徹の勝負師と言われ、勝つためにヒーローは要らぬと言い切る信念の知将、名将であり、ペイトリオッツ王朝を一代で築き上げた鉄血宰相であるビル・ヴェリチックHCという指揮者二人の存在も鮮やかな対を成していた。

物語は加速して当日を迎える。コルツのホームフィールドは前半21-3という大差が付いた段階で静まり返っていた。しかし勝負の女神はここから忙しなく動き出す。徐々にコルツの勢いがペイトリオッツが押し続け、残り1分3点差、1ヤードでタッチダウンという段階で、知将ベルティックがギャンブルを放つ。時間を考えての捨て身の戦法、それはわざとタッチダウンを許し、残り時間で再逆転を狙うという肉を切って骨を断つという、正に誰もが想像できない、この土壇場での博打であった。

ベルティックの指令を受け、ブレイディーが着実にヤードを稼ぐ。残り時間は30秒、下を向き神に祈り続けるマニングの姿と会場に溢れかえるコルツファンの祈りと叫びがシンクロする中、勝負を掛けたブレイディーの投げたボールがコルツ守備陣の中に吸い込まれた瞬間、マニングとダンジーが5年掛けて挫折を繰り返し、批判を受け続け、大切なものを失い、そして傷だらけになりながら挑戦し続けてきた彼らの祈りが通じた。

いくつかの必然と偶然が重なり合い、様々な物語がかき集められ、それらが一本の糸として紡がれた時、好勝負は名勝負となり、人々の心に永遠に刻まれていく。スポーツの醍醐味を堪能できた、見事な試合であった。この美しき物語の前に勝者も敗者もない。彼らは勝敗を超え、一筋の光を我々観客に無償で与えてくれる。この素晴らしき戦いにただただ感謝するしかない。
[PR]

  by mf0812 | 2007-01-24 03:17 | スポーツ

興行の怖さ 1.21 ノア武道館大会を見て

プロレス格闘技を見始めて20年以上経つが、それでもまだまだ分からぬ事だらけである。今日のノア武道館大会は、興行の面白さ、楽しさ、そして怖さを骨の髄まで味わう事になった。

セミ前のジュニアタッグタイトルマッチの神業の数々(現時点での今年度ベストバウトはこの試合だ)とセミのSUWAラストマッチでの花相撲的な楽しさ。興行としては最近類を見ない素晴らしい流れでメインまで来たのだが・・・。

元々首を痛めていた三沢が試合中にまともにクビへの負荷の掛かったトペを喰らい、その後に場外でのパワーボムで脳震盪を起こす大アクシデントが勃発。当然ながら相手の森嶋にも動揺が走り、三沢を窺いながらの試合では、必然としてその試合内容は厳しい事になった。試合後、自力で立てない三沢はそのまま救急車で病院まで運ばれ2週間の安静という処置に。

かくも興行とは難しく見るものを惑わせる。まだまだ私なんかのひよっ子では分かりきれる筈も無い。今日の武道館はまるで興行に棲んでいる得体の知れない魔物に取り憑かれていたかの様であった。これぞプロレスの奥深さ、今日という日は、『お前よ、簡単に分かったフリなぞするなよ』という興行の神様からの伝言であったのかもしれない。しかし今日という日ほど、ある意味においてプロレスとプロレスラーの凄さ怖さを実感した日は無い。

満身創痍の王者は、その身をプロレスに捧げる。若手の壁になる為に、来るべき世代交代のカタルシスの瞬間を観客に味合わせるために。小橋不在のリング上、三沢渾身の戦いの限界が近づく。カラータイマーは点滅を始めている…。

しかし次代への種は既に蒔かれている。丸藤、力皇、KENTA、そして昨日の森嶋。その明日への芽が完全に地表に出るのと、三沢の体が限度を超えてしまうのとの、正に時間との戦いが迫っている。残された時間は僅かだ、しかし三沢は顔を上げ、若手の前に立つしかない。その芽たちへの大きな壁として。残酷に時は流れ、現実が目の前に圧し掛かる。ノアには今、設立以来最大の正念場がきている。次期シリーズのノアの動向に注目が集まる。
[PR]

  by mf0812 | 2007-01-22 04:11 | プロレス格闘技

日々雑感  終った話、だけど…

もう既に皆忘れた話だと思うが例の耐震偽装問題で捕まった連中は、姉歯以外どれも耐震偽装の問題で捕まった訳でなく所謂別件で逮捕され、そのまま事件はなんとなく収束してしまった。

私の友人に中古マンション販売を生業にしているモノがいるか、彼曰くあの問題は誰が誘導したかは知らないが、問題の本質が途中から変化したと語っていた。私には何が誘導したかの見当はなんとなくいは付いているが、それはまぁいいとして、マンション業界的には例のヒューザーの物件は優良物件が多く、そんなにメチャクチャなシロモノではないらしい。、いやむしろ良心的な商品だというのが彼の評価だった。ヒューザーの物件がインチキなら他のだってと具体的な会社名を挙げて話してくれたが、彼曰くこの問題で一番可哀想なのはイーホームズだそうな。そりゃあそうだろう。イーホームズ以外の姉歯の偽装が見抜けなかった検査業務請負会社はお咎め無しで、何故か偽装を見抜き、告発した会社が世間から袋叩きにあうというこの理不尽さ、こんなの間違っていると彼は心情を吐露していた。

彼曰く、この問題は完全に国の責任、特に規制緩和の流れの中で安全性を容易くみた国土交通省の責任、規制緩和推進者の罪は重いと言うのが業界内部の心ある人らの意見らしいが何を言ってもメディアの論調は変わらないので、そうした正論が表に出て来ないと嘆いていた。もしもこの次、似たことが起きてもイーホームズの状況を見たら絶対に告発なんてしないよと彼が言っていたがその言葉の重みを感じざるを得ない。

何が真実なのか、世の中は分からないし、その判断は本当に難しい。
[PR]

  by mf0812 | 2007-01-20 04:18 | ニュース・評論

「バカをあやつれ!」 戸梶圭太

バカをあやつれ!
戸梶 圭太 / / 文藝春秋
スコア選択: ★★★★

戸梶ワールド全開のおバカなミステリー。戸梶らしい皮肉効きまくりの素晴らしい小泉・安倍賛歌小説です(いや冗談ですよ、冗談)話の内容はと言うと四国の田舎町に警察署長として赴任した超エリート警察官僚と、幼い頃、この街にいた幼年期に壮絶ないじめ体験を受け、それを生涯の恨みとして抱える町長が、この町を“この世で最低最悪の下層社会”にするプロジェクトを開始していく…という話。真面目な人が読んだら卒倒しそうだが、とにかく最初から最後まで、戸梶ワールドで貫かれている。


[PR]

  by mf0812 | 2007-01-20 04:08 | 書籍

『トゥ・ラヴ・アゲイン』 クリス・ボッティ

トゥ・ラヴ・アゲイン
クリス・ボッティ / / ソニーミュージックエンタテインメント
スコア選択: ★★★★★

年末にWOWOWで放送していたトランペッターである彼のライブを見てスッカリ気に入り最新CDを購入。彼の事は今は無き赤坂ブリッツでトニー・レビンやビル・ブラッドフォードとのスペシャルユニットを組んでそのお披露目ライブをみているが、あの時とは変わり、ジャズの王道的なスタイルにシフトし、甘くメローなサウンドを響かせている。前はCDでは面白みの無いタイプだったのが、ここ数年の経験が活きたのか、このCDは非常に聞き心地がよく、今では私の寝る前の愛聴盤となっている
[PR]

  by mf0812 | 2007-01-19 17:59 | 音楽

「彰義隊」 吉村昭

彰義隊
吉村 昭 / / 朝日新聞社
ISBN : 4022500735
スコア選択: ※※※※※

我が敬愛する吉村昭氏の「彰義隊」吉村氏お得意の丹念な取材に基づき、決して奇麗事では無い歴史の、そして人間の残酷さをそこから炙り出している。淡々とした筆致で描き出すその吉村氏の冷静な視点に感銘する。彰義隊という明治維新の中で葬られた存在を基点にし歴史の闇を鮮やかに照らしている。

吉村さんの書く歴史モノは、読む者に変な高揚感を与えないのが素晴らしい。この本もそうだが、歴史に埋もれた事実を掘り起こし、静かな視点でそれを炙り出していく。彰義隊とは明治の初期に前の将軍である徳川慶喜を警護する為にのために旧幕臣である渋沢成一郎や天野八郎らにより結成された旧幕臣等による尊王恭順の有志組織。この本はその彰義隊の行方というよりも殆ど歴史の中で語られる事のなかった、彰義隊の精神的支柱であった上野寛永寺山主の輪王寺宮能久親王の苛烈な人生を描いたもの。明治維新とは何かを歴史の裏側から照らし出す好著だ。
[PR]

  by mf0812 | 2007-01-18 14:01 | 書籍

風林火山

風林火山
三船敏郎 / / 東宝
ISBN : B00069BMA2
スコア選択: ※※※※

三船の俳優としての振り幅の広さは正に黒澤以外の作品でも如何なく発揮されている。評論家の評価がどうであれ、三船の素晴らしさはフィルムにキッチリと刻み込まれている事実を指摘しておこう。特にこの時期のオススメは、今年の大河ドラマと同じ原作である「風林火山」での山本勘助役。この三船には是非とも一度触れてみて欲しいなと思う。映画全体から匂い立つ三船のオーラに溺れていただきたい。


[PR]

  by mf0812 | 2007-01-18 13:58 | 映画・ドラマ

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE