「ほっ」と。キャンペーン

PRIDEの迷

MMAWeekly.comというMMA専門ニュースサイトの情報によるとDSEとPRIDEへの契約に関して複数の選手が集団で訴訟を起こしているのが確認されたようである。 数日前に聞いた大きな動きとはこれだったようだ。

これにより新会社はプライドに参加していた外国人の契約選手との継続は不可能になるであろうと推測されているが、ただこうした経緯はある意味折込済みとの噂もある。今月設立予定であった(現在は設立時期未定)プライドの新会社は、どうもペーパーカンパニーである疑いが濃厚で、こうした選手の流失もしくは契約の不履行なども、実は当初からほぼ予定通りであったとの話も漏れ聞く。つまり3月に六本木ヒルズで行われたあのUFCとの業務提携記者会見は、あの時点で既に全てがフェイクであった可能性も拭いきれない、という事である。 まぁそこまで疑ってしまえばキリが無いけども、いまだにあの時の合意内容の詳細がメディアで明らかにされていないのも、ウワサが飛び交っている理由の一つであろう。

現実問題としてPRIDEが日本国内で以前の様な興行規模で大会を実施するのは困難になったと思われる。これにより国内の総合格闘技のメジャー興行主はFEGのみになるのか。そのFEGも今回アメリカで行われるDynamite!でライセンスがおりない選手がいたりとナカナカ苦労しているようだが、総合格闘技市場は大きな曲がり角に来たのは間違いないようである。
[PR]

  by mf0812 | 2007-05-24 15:30 | プロレス格闘技

<< 移転のお知らせ PRIDEの謎 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE