「ほっ」と。キャンペーン

系統で馬券を買う その1

a0010263_42015.jpg
<クリックして頂ければ、より鮮明な画面となります。Netscape7.1で確認済み>




私はデータ集積をメインに馬券を予想し、購入しているが、基本的にダートレースは指数で、芝レースは血統を中心軸においている。但し、私の場合、血統で馬券を買うと言っても、種牡馬の能力や配合を分析し能力を見極めるという通常の血統予想ではなく、もっと単純に血統を記号として捉えるやり方である。この血統記号方法は、別に私のオリジナルではなく、90年代後半から各種媒体でも紹介されていた予想メゾットである。これと類似の考え方であり更にこれよりも洗練されているその嚆矢が亀谷敬正氏の血統ビームという予想方法だ。

さて、私のこの予想方法に即し最も重宝しているデータ解析ソフトは、言うまでもなく、競馬データ解析ソフトのパイオニアであるTARGET frontierである。

このTARGET frontierが今春から開始したJRAの新サービスJRA-VAN Data Labに対応する形でTARGET frontier JVにと進化した。このTARGET frontier JV最大の魅力は出走馬全ての血統表が瞬間に見れてしまうという事だ。そこで私がこのTARGET frontier JVで使用しているチェック種牡馬リストの色分けを上記に挙げてみた。
[PR]

  by mf0812 | 2004-04-27 04:21 | 競馬

<< 天皇賞・春・様々なデータ 何故馬券が当たらないのか 皐月... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE