巨星堕つ レジー・ホワイト急逝

Reggie White 急逝

今週のNFLはシーズン終了間近という事もあり、濃密な試合が多かった。ガオラやG+では生中継もあり、週末はフットボール三昧となったが、そんな中突然の訃報である。本当に驚きのニュースであった。ロイター通信の速報によると以下のようになっている。

米ナショナルフットボールリーグ(NFL)でかつて歴代最多QBサック記録を樹立したレジー・ホワイト氏が、米ノースカロライナ州にある自宅で心臓発作のため死去した。43歳だった。古巣イーグルスが26日、ウェブサイト上で明らかにした。
 ホワイト氏はイーグルス、パッカーズ、パンサーズで合計15年間プレーし、2000年に現役引退。通算QBサック数198は当時の歴代最多記録だったが、後にブルース・スミスに塗り替えられた。ホワイト氏は1986年からリーグ記録となる13年連続でプロボウルに選出され、87年と98年に年間最優秀守備選手賞を受賞。97年にパッカーズのスーパーボウル優勝に貢献した。


防衛大臣とも呼ばれた無敵のサック王、レジーはNFL史上最高のDEと言って差し支えないだろう。彼には牧師としての顔もあり、98年に一度引退した後『神のお告げ』があったとしてパンサーズに1年間だけ復帰したりもした。しかしまだ43歳。若い、若すぎる。
[PR]

  by mf0812 | 2004-12-29 04:08 | スポーツ

<< ドルフィンズ、新監督を決定 有馬記念  展望 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE